« 「声と話し方のトレーニング」 | トップページ | おくるひと »

2009年2月24日 (火)

おくりびと

こんにちは、ブライトアシストの岩元佳子です。

映画「おくりびと」が米アカデミー賞の外国語映画賞受賞。

一度でも親しい者を出棺した過去がある人なら、
涙なくしては見られないそうです。

私は、最愛の父を亡くして三年たちましたが、
堰が切れてしまいそうなので見ることができません。

父の葬儀の時の「おくりびと」の方も、
とてもよくしてくださいました。

母は75歳の今も現役で美容師をしていますが、
地域で一番古い美容師、現役最高齢美容師として
地方局や地方紙の取材が来るぐらい。

当然、お客様も比較的ご高齢の方が多く、
その連れ合いの方も、また当然ご高齢。

父の葬儀の時の対応に感動した母は、
あろうことか、自分の店のお客様に、
その葬儀社の宣伝をしてます。

「○○社のMさんは、
ものすごくいいお葬式をしてくれるから、
お宅のご主人の時は、○○社のMさんに頼みまぁせ。
(頼みなさいという意味の女言葉の方言)」
と、Mさんから貰った名刺を配ってます。

客様もお客様で、身を乗り出して、
いざと言う時の段取りを、
具体的にいろいろと質問をしてきます。

夫婦も50年以上連れ添うと、妻の方は、
夫の最期の看取り方・見送り方について
前向きに現実を見据えている感じです。

実際に何軒か成約に至り、先日も、
当の葬儀社のMさんが
ご挨拶にいらっしゃっていたそうです。

個別の営業をしにくいであろう業界で、
母は力強い営業協力者・エンジェル的存在でしょう。

それだけMさんのお仕事が、私たち遺族に
感動を与えてくれたということなのです。
父を大切に扱ってくれ、
私たち遺族の気持ちに寄り添ってくれ、
状況に応じた的確な判断で、
つつましいながらも、安心して、
厳粛で穏やかに父を見送らせてくれたからです。

Mさんに感謝

|

« 「声と話し方のトレーニング」 | トップページ | おくるひと »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おくりびと:

« 「声と話し方のトレーニング」 | トップページ | おくるひと »