« PTAはブラックか? | トップページ | PTAはこうすればいいんじゃないかな »

2017年4月12日 (水)

PTAは本当に必要? 必要ない?

私は必要だと思う。

PTA」という組織が、どこでも同じってわけでもなさそうですが、

基本的な概念としてのPTAの要素をざっくりまとめると、

 

一つは会員

PTAParent-Teacher Association

保護者会ではなくて、P=保護者とT=教師の協働体であること

保護者と先生が子どもたちの笑顔のために何かをする。

 

一つはお金

これはPTA会員全員が担ってます。先生も。

小中学校は月額200500円くらいのところが多いかな。

高校はもうちょっと高かった。

税金や授業料では賄えないけれど、子どもたちの健やかな成長にとって大切なものにかかるお金を出してる。

PTAがそれを公正に管理してる。公正でなければ罪に問われることもある。

 

一つは労力 

これは主にPTA役員にになった方を中心に担ってます。先生も。

すべての活動は子どもたちの心の成長や笑顔につながっていく。

5a1bcc6190ac35e7be27b8c4baee495f_s

なぜ必要だと思うのか。

ひとりひとりの子どもたちの学校生活を、

有形無形に少しでも向上させるには

保護者と先生(PTA)が力を合わせることが必要。

保護者から学校へのフィードバックをお伝えする「場」として必要。

「この対応は、保護者的には残念に思っている」もあれば、

「子どもたちか〇〇だと喜んでいました」とか。

個人ではなくて組織として。

 

お金を集めて動かすには、それを管理する組織が必要。

学年のレクや、芸術鑑賞なんかもPTAの予算から拠出してる。

質の高い情操教育は税金からは出ないから。

 

他にも、生徒会活動、部活動、学級費、給水機、卒業証書のケースetc

高校は冷暖房費、模試、インターハイの補助金、外部講師のお金とかも含まれてた。

 

学校の花壇のお花、これもPTAから人とお金が出てます。

花を愛でる心の潤いが優しさを育むんだ。見えないけど。

こういうのは税金では賄えない部分です。

 

でも、もしも

「あなたはPTAに加入していないから、

 あなたのお子さんは、卒業式のPTAからのコサージュ無しです」

なんてことがあれば、これは絶対に止めて欲しい。

子どもに不利益が降りかかるのはPTAの趣旨に反する。

 

労力の面でいうと

花壇の花植えや、体育大会前のグランド整備、地域清掃など、

生徒たちとPTAが一緒に作業をすることも大事。

他人がお互いに感謝し合えることで、

生徒たちは自尊感情の貯金を増やしていくんだよ。

朝の校門でのあいさつ運動もそうじゃないかな。

 

学校によってはPTA広報紙もあるよね。

子どもたちが頑張っていること楽しんでいること、

その輝きを伝えるのが広報紙。

学校だより・学級通信や、学校のブログでは発信できないことを

違う形で発信できるツール。

 

家庭の教育力をより高めるための家庭教育研修だって

私たち研修講師的には情熱をもって、

役員さんと相談しながら満足してもらえるように頑張ってる

参加者は無料で受講できるなんてすごくお得ですよ。

 

自分ちだけが良くても、お友達がすさんでたら、

わが子も影響をうけるんだから、みんなが良くなる方がいいじゃない?

 

PTAは有形無形に子どもたちの学校生活を支えてる。

 

以上、PTAは必要だと私が思う理由と背景

世間で問題となっているのは、PTAの必要性ではなくて、

PTAの組織運営のありかたなんだろうと思う。

次は「こうすればいいのに」と思うことについて書く。

|

« PTAはブラックか? | トップページ | PTAはこうすればいいんじゃないかな »

学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189298/65140329

この記事へのトラックバック一覧です: PTAは本当に必要? 必要ない?:

« PTAはブラックか? | トップページ | PTAはこうすればいいんじゃないかな »