旅行・地域

2009年1月26日 (月)

東京ラブストーリー

こんにちは。ブライトアシストの岩元佳子です。

1/24(土)海路、広島から松山へ行ってきました。

朝は広島市内は一面真っ白に雪化粧。
やっと着たバスは満員で乗れず、
同じバス停で待っていた人たちとタクシー相乗りしました。
知らない人と助け合える温かさを感じ、
とても心地よかったです。

広島宇品港からフェリーに乗るのですが、
「松山行きフェリー」の文字を見てピン。
村下孝蔵さんの唄に歌われていたのはここだったのか!!
そういえば村下孝蔵さんは広島で活動していたのでしたね。

穏やかな瀬戸の海をのんびりながめ、
かつて瀬戸内海最強といわれた「村上水軍」の
勇壮な海のロマンに思いをはせながらの二時間四十分。
着きました、松山観光港。
リムジンバスの待ち時間が長かったので、
電車を乗り継いで道後温泉方面まで行くことにしました。

伊予鉄道の電車に乗って、また、ピン。
これってもしかして、これってたしか、
「東京ラブストーリー」の最終回のあの海辺の駅を通るんじゃない?
期待の高まる中、海岸沿いを走る電車。

ここじゃない?こんな景色だった気がする…
「カンチ」と呼ぶリカの声が聞こえてきそうです。

駅の名前は「梅津寺」。
見えました、見えました。
白いフェンスに結びつけられた、たくさんのハンカチ。
主人公、赤名リカがハンカチを結びつけたあのフェンスです。
やはり「東京ラブストーリー」の最終回のロケ地でした。
ドラマ放映から18年になりますが、
訪れた人々が結んだハンカチがまだあるんですね。
驚きました。
天気も良く、海も綺麗で、素敵な駅です。

少しの停車時間の後、電車は動き始め、
頭の中を流れる
小田和正さんの「ラブストーリーは突然に」を聞きつつ、
海を見ながら考えました。

たしか、赤名リカはここでハンカチに
「バイバイ カンチ」と書き残して、
カンチに告げたよりも一つ早い電車で去って行った…。

あの白いフェンスに、ハンカチを結んだ人は
どんな想いで結んだのだろう。

別れた彼への決別の儀式?
素敵な恋が出来るように?
いい旅の思い出?
なりきり赤名リカ?

それぞれいろいろな想いで結んだことでしょう。
共通していることは何だろう。
みんな、自分を含めた誰かの幸福を想ったんじゃないかな…。
白いフェンスのハンカチの残像に、
ハンカチを結んだ人々が、
今、幸せであることを願いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

兵どもが夢の跡

こんにちは。BrightAssistの岩元佳子です。
1/24(土)に松山に行ってきました。

今住んでいる広島とは瀬戸内海を挟んでお向かい。
どんな経路があるのか調べてびっくりしたことが一つ。

「しまなみ海道」は広島・尾道側も愛媛・今治側も
高速道路とつながって無いことを知りました。
広島-松山の直通バスもありません。
フェリーを使うほうが速くて安くて便利。
今のところ、中国と四国の最大都市を結ぶことを
上位目的とした橋ではなさそうです。

他の二つの本四架橋と比べると、
物流や商用や生活のための実用的橋というより、
瀬戸の島々の美しさや橋そのものを楽しむ、
観光的な橋という色合いが強い感じです。

本四高速のHPで建設費を調べてみました。
http://www.jb-honshi.co.jp/use/use.html

神戸淡路鳴門自動車道 1兆3600億
瀬戸中央自動車道(瀬戸大橋)6400億
西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)6930億

建設費として高いのか安いのか、
私の生活感とはかけ離れた巨額。
さすが「夢の架け橋」ですね。

瀬戸大橋ブームの過ぎ去った
与島の京阪フィッシャーマンズワーフは
「兵どもが夢の跡」のように見えたことを思い出しました。

日本各地に甘い予測で破綻してしまった施設や、
立派な施設なのに集客できていない所が多くあります。
そして残るのは夢を打ち砕かれた人々や、巨額の借金。

いろいろな場所でできる頭のトレーニングがあります。
そこのコンサルタントになったつもりで、
商品、価格、働いている人、建物など、
客観的に現状を観察して、現象を認識。
問題点、原因、対策案を考えるのです。
大切なのは対策案までたどり着くこと。
多角的な視点でものごとを捉えて、考え抜くことです。

自分自身のことについて考え抜きたい時、
全ての焦点を自分自身にあてて考えたい時
そんなとき、コーチングが役に立ちます。

詳しくはBrightAssistへのリンクをクリック!
http://bright-assist.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)