日記・コラム・つぶやき

2016年5月24日 (火)

風が吹いたら桶屋が儲かる。石につまずいたら歯茎が腫れる。

歯茎の腫れの原因は、半年前に駐車場でつまずいたことだった!!

インフルエンザで高熱がでて、歯茎がぷっくりと腫れた。
熱が下がると一旦はおさまるけど、体調が崩れると右上の歯茎がフクフクと腫れてくる。

そのうち治るかなと思ったけど、繰り返し腫れる。
半年も経つとさすがに不安になり、歯医者さんへ。

歯槽膿漏ではなかった、虫歯でもない。
虫歯治療済み歯の根っこの先っちょが悪さをしているとのこと。
ドクターが言うには、
それよりも気になるのは、腫れていない下側の歯に隙間ができていること。
数年前の以前のレントゲンと比べても、若干動いているって。

右側に圧力がかかること何かしてますか?
右側で食べる癖がありますか?
固い食べ物好きですか?
頬杖つく癖は? 歯ぎしりは?
と、いろいろ話をしていて、

寝る時はどっちむき? 
と聞かれ、あっ!! 思い当たる節が…

一年くらい前、スーパーマーケットの駐車場でつまづいた。
とっさに腕を振り上げてバランスを取り、転ばずにすんだ。
だけど、翌日、左肩が痛い。昨日のアレのせいね…。
そのうち治るかなと思ったけど、治らない。
五十肩かしらとあきらめ、
寝る時は左肩をかばって、右を下にして眠る生活を続けていた。

ドクターの仮説は、
ずっと右を下にして寝てることが原因で、
右の歯並びが少しずつ少しずつ変わって行った。
そのせいで、上下のかみ合わせが微妙にずれてきた。
そのせいで、問題となっている歯のあたりが強くなった。
そのせいで、今まで眠っていた歯の根っこに膿がたまりはじめた。

試しに眠りはじめだけでも左を下にして寝てみて というので
半信半疑で、左肩を刺激しないようにそっと左を下にして眠ることを続けて一週間。
歯茎の腫れがピタリと止まった。

人間のからだってうまくできてますね。
人の体に限らず、物事や、組織も同じようなことがあるのかもしれません。

関係ないと思っていたこと、関係があると思ったことさえなかったことが、
実は深く関わってるってことがあります。

小さなヒズミを放っておくと、他のヒズミを生み、
やがては全体に影響のあるヒズミになっていっちゃったりするんですね。

健康第一、そして、凡事徹底。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

PTA会長 拝命!!

先週末のPTA総会で承認され、地元の中学校のPTA会長になりました。
ほんまかいなと思ってましたが、やおら、現実味を帯びてきて、
そしてとうとうその日が来ました。

コーチングや心理学には教育の現場で役立つことがたくさんあるので、
子ども達の笑顔のために、貢献できることを考えていきます。

執行部経験もない、地元に人脈もない、土地勘もない、
ないない尽くしの私に向けて、白羽の矢をつがえていたことは
まったくの驚きでした。

会長に適格である認めてくださったことは余りある光栄だけど、
長男の幼稚園入園以来14年、
親として最低限のノルマのPTA活動しかしてなかったし。

したいかしたくないかと言えば、したくない。
できるかできないかと言えば、質はさておきなんとかできそうな気はする。
やるべきかやらざるべきかと言えば、やったほうがいいのかもしれない。
で、するか、しないか。これは大きな選択。

会長になったときに共に仕事をする新執行部の方々とも場を持ち、
何がベストなのかを話し合いました。

その中で、この方々となら楽しいことも苦しいことも一緒にできると思い、
末子の義務教育最後の2年間、会長としてお礼奉公することにしました。

4年前の春に、ここに引っ越してきたときには、
そんなことは想像だにしませんでしたよ~。
転校初日に、意気揚々と登校した息子は、
新調した制服が色とりどりのチョークの粉だらけになって、帰ってきたんですから。
厳しい洗礼を受けたものだ。

彼は激しく自尊心を傷つけられたに違いないけど、
その自尊心を失うことはなかった。
中学を卒業する時には、たくさんの仲間に囲まれていた。

ある意味では、息子たちの中学生活でのあり方が、
私を、今、この立場に押し上げてくれたのかもしれない。

とはいえ、P(保護者)とT(先生)合せて592名もの組織ですから、責任重大。
頑張りますrock

2年後、前会長に「白羽の矢を立ててくれてありがとう」と
心からの笑顔で言おう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

たとえ胸の傷が痛んでも

前回の更新から実に13か月coldsweats01
人間関係も同じですが、間が空くと敷居が高くなりますね~。

なんだか父や兄の死が心に引っかかっていて、
何かを書こうとすると、とても私事になりそうで、それに抗ってました。
私は自己完結型で、自分で消化&昇華する質で、
自己開示が下手なんだろうと思う。
きょうのブログはガッツリ私事です。

先日、あい塾(こどもの心育てのコーチング茶話会)の後で、
参加者のみなさんとランチしながらの会話で、
アンパンマンのマーチの話になりました。

♪そうだ うれしいんだ 生きる喜び
♪たとえ 胸の傷が 痛んでも

♪何のために生まれて 何をして生きるのか
♪こたえられないなんて そんなのはいやだ

「何のために生まれて、何をして生きるのか」
この深い問いは哲学です。

こどもを育てる中で、この歌と出会い、新米ママ時代に哲学しました。

肉体は若いころをピークにやがて衰えていくけれど、
精神的に成長し続けるために生きる。

…という答えにたどり着いて数年後、父が認知症に。

あれぇ?

父の精神的な成長は止まってしまった、それどころか後退している。
私の見つけた答えは間違ってた。

そんな話をしたら、介護の仕事をしているAyaさんが素敵なことを教えてくれました。

「それは、周りの人を成長させるためじゃないかな」

そうなのか、ウチのお父ちゃんは私を成長させるために惚けたのか!!
眼からウロコが剥がれ落ちた気がしました。

自分が成長した次は、自分の周りの人を成長させるために生きているんだ。

確かに、父の最期の数年を通じていろいろなことを感じ学び成長したと思う。

一番初めは、父の排泄物で汚れた病室を掃除しながら、
大好きな父が壊れていっていることが辛くて涙が出た。
無神経な母は「そんなに臭い?」って言ってたけど、そうじゃ無い。

一度だけ、物を見るような感情のない目で見つめられた時も悲しかったなぁ。
それ以外は、私のことが誰なのかわからなくなっても、
ずっと愛情深い眼差しをくれている父を愛しく思ってた。
表層意識はどこかにとんでしまっても
父の潜在意識の中でちゃんと「佳子」が存在しているって確信を持てた。

父は私を激しく愛していた。
たとえ、私が法に触れる悪いことをしたとしても、
アウトローの父は私を命を懸けて守ってくれただろうと思う。
だから、私は悪いことはできなかった。父を悲しませることもしなかった。
今も、「ああこんなことしたら、お父ちゃんが悲しむ」と思うことが、
何かの抑止力になってる。

人は、肉体はやがて衰え滅びても、
その精神は成長し続け、やがて周りの人を成長させる存在となる。
その命が尽きても、周りの人を成長させ続けている。
そのために生まれ、生きている。

Ayaさん、ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

サマータイムブルース

1988年
素晴らしすぎて発売できません
という新聞広告と共に発売中止となった
忌野清志郎さんの名曲。

あの頃、恐ろしくて目を背けていたこと、
楽観することで目をそらしてきたことが、
現実に起きてしまった。

http://www.youtube.com/watch?v=aJdMa1VI0do

RCサクセション
サマータイムブルース
オリジナル歌詞: E. Cochran & J. Capehart
替え歌詩: 忌野清志郎

暑い夏がそこまで来てる
みんなが海へくり出していく
人気のない所で泳いだら
原子力発電所が建っていた
さっぱりわかんねえ、何のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

熱い炎が先っちょまで出てる
東海地震もそこまで来てる
だけどもまだまだ増えていく
原子力発電所が建っていく
さっぱりわかんねえ、誰のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

あくせく稼いで税金取られ
たまのバカンス田舎へ行けば
37個も建っている
原子力発電所がまだ増える
知らねえ内に漏れていた
あきれたもんだなサマータイム・ブルース

寒い冬がそこまで来てる
あんたもこのごろ抜け毛が多い
それでもテレビは言っている
「日本の原発は安全です」
さっぱりわかんねえ、根拠がねえ
これが最後のサマータイム・ブルース

あくせく稼いで税金取られ
たまのバカンス田舎へ行けば
37個も建っている
原子力発電所がまだ増える
知らねえ内に漏れていた
あきれたもんだなサマータイム・ブルース

電力は余ってる、
要らねえ、もう要らねえ

電力は余ってる、
要らねえ、欲しくない

原子力は要らねえ、
危ねえ、欲しくない

要らねえ、要らねえ、欲しくない
要らねえ、要らねえ、

電力は余っているよ
要らねえ、危ねえ、

Love Me Tender
オリジナル歌詞: E. Presley& V. Matson
替え歌詩: 忌野清志郎

何言ってんだー、ふざけんじゃねー
核などいらねー
何言ってんだー、よせよ
だませやしねぇ
何言ってんだー、やめときな
いくら理屈をこねても
ほんの少し考えりゃ俺にもわかるさ

放射能はいらねえ、牛乳を飲みてぇ
何言ってんだー、税金(かね)かえせ
目を覚ましな
たくみな言葉で一般庶民を
だまそうとしても
ほんの少しバレてる、その黒い腹

何やってんだー、偉そうに
世界の真ん中で
Oh my darling, I love you
長生きしてえな

Love me tender, love me true
Never let me go
Oh my darling, I love you
だまされちゃいけねぇ

何やってんだー、偉そうに
世界の真ん中で
Oh my darling, I love you
長生きしてえな

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

私の「引き出しの中のラブレター」

昨年、映画「引き出しの中のラブレター」の
ツイッターで想いをつぶやこうキャンペーンでツイートしたら、DVDが当たっちゃった。
どうしても辛くなりそうで、届いてからも、なかなか見られなかったのですが。
今日、これからテレビでも放映されるそうです。

ツイートしたのは兄への想い。

.@hikilove
お見舞いの後、留守電に「楽しかった、ありがとう」って不自由な声。
「嬉しい」って瞬間の気持ちではなく、
「楽しい」って一緒に居る時間への想いが辛いよ。
赦した筈なのに、残された時間は少ないのに、ありがとうが言えなくてごめん。
本当はウチも楽しかった、ありがとう。】

病気のため、もう長くはない命だとわかっていたけれど、
複雑な思いが交錯して「ありがとう」が言えず、
その代わりに、ツイッターでつぶやきました。

私が両親の老後のためにと積み立てていた貯金まで、
こっそり全部使って自己破産して、
仕事も心の健康も体の健康も失い、自らの人生を破綻させた兄。

子どもの頃は憧れだったはずの兄の存在は、
いつしか恥ずかしく情けない存在となり、
夫や子どもたちに申し訳なくて、兄との縁を切れるものなら切りたかった。
でも、兄を見捨てれば、母が悲しむ。
母の苦悩を私が見て、私の苦悩を私の息子達が見てる。
だから赦そうと決めました。

末期には、進行性鼻壊疽で鼻は崩れ落ち、眉間に穴が開き、目は失明と悲惨でした。
独身の兄にとって、私がある意味で拠り所であることはわかっていたから、
お見舞いに行った時は、ことさら子どもの頃のように「にいちゃん、にいちゃん…」って
時には何時間も筆談を交えて話して帰りました。

ちょうど去年の今頃でした。
お見舞いの帰り、ケータイの留守電に
「楽しかった。ありがとう」って、ままならない言葉を、一生懸命な声で。
私と過ごす残りの時間を大切に感じていた兄の思いに涙が溢れました。
私は兄の存在に「ありがとう」って言ったことが無い。
この優しい声を偲ぶ日が近づいて来るのが辛くて、すぐに消去しました。

このツイートから1ヶ月もたたないうちに兄は逝ってしまいました。

結局、私は兄に「ありがとう」が言えないままでしたが、
あのツイートを@hikilove久保田真生さん(映画の主人公のラジオパーソナリティ)が、
「想いが届きますように」と寄り添って祈ってくれたことで救われた気がしました。

ツイッターがまるでラジオ番組のようで…。(あっ、それを狙った企画でしたね。)
ラジオの好きだった兄なので、病室のラジオから、
言葉にできなかった「ありがとう」が届いてたらいいなと…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

第九ひろしま2010

初めて第九に挑戦中です。
「第九」とはもちろん、ベートーヴェンの交響曲第9番。
12月の第九イベントの合唱団に入団しました。

理由は2つ。
一つは、『ヒロシマ第九伝説』と出会い感銘を受けたこと。

被爆翌年の大晦日、
広島市の音楽喫茶「ムシカ」でかけた第九のレコードが、
市民に生きる勇気を与えたという伝説です。

http://daikudensetu.hp.infoseek.co.jp/
http://www.city.hiroshima.lg.jp/minami/gaido/dennsetu/daiku/daiku.html

もう一つは、第九の好きだった亡兄への鎮魂歌として、
読経やお祈りの代わりに。

歌ってみると、これが想像以上に難しい。
カラオケJポップシンガーの私には難行苦行。

アルトは音が取れない、ソプラノは高音が出ない、
どっちにしても歌詞はドイツ語。
そして、致命的にも私は楽譜がイマイチ読めない。

高い音は練習で出るようになるらしい。
ソプラノにしよう。
ドイツ語はありがたいことに、カタカナの歌詞が楽譜の巻末についてた。
大学時代に2年間ドイツ語を習ったじゃないか。
パート別の練習用のCDもあるらしい。

なんとかなるかもしれない。

パート練習に参加してみると、
指導してくださる先生の個性の違いが、とても面白い。

最初の先生は
笑いを交えて緊張を解きほぐしながら、
コーラスをのせてのせてのせて、
気が付いたらみんな声が出てるって感じ。
体感覚が優位なタイプ。

次の先生は
「歓喜の歌」の詩の意味を、私達にわかるように伝えてくれて、
だからこの言葉を大切に歌うんだと、私達の内側へアプローチ。
言語感覚が優位。

その次の先生は
ドイツ語の発音と、音符の一つ一つに、
この単語のこの文字を載せるってことの
解説が実に分析的。
聴覚優位かな。

とってもあたりまえだけど、3人とも歌うことも教えることもお上手。
綺麗な声が出るようになること、
歓喜の歌の意味がわかること、
ドイツ語をそれらしく発音できること、
どれも大切な要素。

老若男女、仕事もさまざま、
素人も居れば玄人も居る集団で、
ひとりひとりの可能性を最大限に引き出す。
これはコーチング的だなぁ。

12月の本番ももちろん楽しみですが、
それまでのプロセスも楽しみ。ムフフ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火)

祈り

この夏、広島平和記念資料館に行きました。
中学生の頃、修学旅行で1回、
大学の頃、インカレで広島に来たときに寄ったのが2回目。
今度で3回目です。

2年前、広島で住むことになり、
広島市の中心地を一望できるところに居を構えました。

陽炎の揺れる穏やかな町並みに、地獄の光景を重ねてみます。
一瞬の閃光と衝撃波、きのこ雲、黒い雨
ここからみえる景色一面が焦土と化し、
あの川にもこの川にも屍が溢れ、
目の前のこの峠にもたくさんの人が倒れて…

広島市民になったからには、やはり行かなくてはと、
使命感のようなものがあり、やっと先日行って来ました。

少女の頃のように、ご飯も喉に通らなくなるようなショックも、
青年期のような真っ直ぐで鋭い社会義憤も、
あの頃のと同じようには感じませんでした。
その時、その歳でないと感じられないことがあるんだなぁ。

四十代半ばの私は、また違う感じ方。
とりわけ、原爆の子のモデルである佐々木禎子さんの生涯を思うと、
正義感と自己愛に満ちた若い頃の私と、
いろいろな事を知り、
自分のことよりも大切に想い愛する人のいる今の私では
伝わってくる悲しみの深さが違いました。

禎子さんがどんな想いで鶴を折ったのか、
禎子さんのご家族はどんな想いでその折鶴を見ていたのか。
生きたいと祈ったに違いない。
生きていて欲しいと祈ったに違いない。

被爆当時の市中人口はおよそ35万人。
その一人ひとりの当たり前のささやかな日々が一瞬で吹き飛ぶ。
一人ひとりの悲しみを目の当たりにすると、
健康な心を持った人なら、誰でも心が動かされると想います。

それを国家レベルの話に移したならば、たちまち情勢は変わります。
今年8/6のルース駐日大使の広島平和記念式典出席に関連し、
クローリー米国務次官補が自身のツイッターで
「広島では、謝罪することは何もないが、
戦争の影響を受けたすべての人々に配慮を示す」と
ツィートしたことは記憶に新しいですね。
平和の実現のために、
平和な社会では決して許されない殺戮が公認される。
何たる矛盾。

と、敢えていろいろな視点に自分を置くと、
別のものが見えてくる。

祈世界平和
まずは、家庭の平和から。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

思考に気をつけなさい……、……それはいつか運命になるから

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。
                  ~マザーテレサ~

顔は「脳が作った形」、顔にはその人の心が表れているという。
そして顔の筋肉は形状記憶。
いつも笑顔で居ると、普段の顔も笑顔になってくる。
いつも怒っていると、デフォルトモードでも怒り顔。

この前「表情が硬い」ってフィードバックを受けました。
自分では安心感のある顔だと思ってたので、ちょっとびっくり。
心や脳が硬いのかなぁ。

そういえば思い当たる節がある。
このブログに書いてること、結構硬い。
頭の中で考えてることもこんな感じ。

私は、精神的なガードは固い方かも。
なるべく心に波を立てず平常心でいたいと思ってる。
怒るのも、悲しむのも、落ち込むのもイヤ。
大切な人と心がつながってさえいれば、どこでも平気、独りでも平気。
それは、40数年生きて会得した心の術。
マイナス方向に傾かないようになった分、
嬉しい、楽しい、ウキウキ、ワクワク、ルンルン方向にも傾きにくいのかな。

そもそも「表情か硬い」と、どんなデメリットが?
人様が感じる印象が、とっつきにくい感じがするんだろうなぁ。
おすましの猫タイプで、誰にでも懐くわけではないし、時間もかかる。
ちぎれんばかりに尻尾を振る仔犬なら、人の方から近寄ってくるもの。

仔犬のように喜べる?

昔、上司から「笑顔の素敵な岩元さん」と言われたことがとても嬉しかった。
誰の笑顔も、笑顔って素敵。
笑顔スイッチはどこにでもある。ただ見過ごしてしまうだけ。
見過ごさないようにしよう。柔軟でいよう。

確かリッツ・カールトンだったと思うけれど、
電話を受けるオペレーターの人が、
鏡を見ながら笑顔で対応しているのをテレビで見た。
笑顔から出る声には、言葉だけでは伝わらない
リッツのホスピタリティが含まれていた。

感化されやすい私は、デスクの前に大きな鏡を置き、
クライアント氏とのセッションの時に、表情を意識した。
時々、鏡からのフィードバックに自分で驚く。
わッ、私、こんな顔してる。

マザーテレサ風に

心に気をつけなさい、それはいつか顔になるから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月30日 (金)

私的悲嘆のプロセス

今月初め、兄が亡くなりました。
4月は兄を想う時間が長く、そろそろ気持ちを切り替えねば。

進行性鼻壊疽で「あと1ヵ月」と言われてから7ヶ月。
死ぬことは意識しつつも、まだ死ぬとは思ってませんでした。

「這い蹲ってでも生きていて」と兄に言った私ですが、
実際に這い蹲るようにして生きている兄はあまりに悲惨で、
私はその言葉の重みを知り苦悩しました。

「余命1ヶ月」と言われた時は、本当にこのまま死んでしまうと思うようなひどい容態。
兄も気力なく「水が欲しい」「飲むゼリーが欲しい」と言うだけ。
ところが、兄の慕っていた方が見舞いに訪れて励ますと、
「寝てても書けるボールペンが欲しい」と言いました。
生きるために必要なことから、
生きて何かをするために必要なものへと欲求が急変したのです。
生きる気力が湧いてきたように見えました。

壊疽は進んでいきましたが、
正月には、大学時代の同窓会に参加したいと頑張って、体力を回復しました。
実現できなかったものの、同窓会に行く前にみなさんで見舞ってくれ、
そのことも生きる励みになっていました。

そして、母の執念ともいうべき献身が、独身の兄を支えていたことでしょう。

人は人とつながって生きている、喜びによって生きている、そう思いました。

病状は良くなり、3月の末には主治医から「よく頑張りましたね」と、
回復を喜んでもらい、
重症患者の治療室から一般病棟に移って2日目、
容態が急変し、ほんの一時間で帰らぬ人に。

生前兄は「ぼうっとしてると、エントロピーが増大して自分が拡散する幻覚におそわれる」と言ってました。
兄を生かしていたそれぞれの人の想う力が、回復にホッとして散逸した間隙に、
兄の魂のエントロピーは増大して拡散してしまった、そんな気がします。

辞世の句
われ病めど 四月の声に 胸はずむ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

行けばわかる

                 「道」
                         清沢(暁烏) 哲夫『無常断章』より

此の道を行けば どうなるのかと
危ぶむなかれ 危ぶめば 道はなし

ふみ出せば その一足が 道となる 
その一足が 道である
わからなくても 歩いて行け 行けば わかるよ

アントニオ猪木氏の座右の銘として有名で、
一休宗純の言葉として紹介されているのは、

この道を行けばどうなるものか
危ぶむなかれ 危ぶめば 道はなし    

ふみ出せば その一足が 道となり
その一足が 道となる
迷わず行けよ 行けば わかるさ

この二つの詩、読み比べてみると、言葉が少し違いますね。

前者は、道に立って逡巡している人の傍らに立ち語りかけているようで、
それでいて『道である』という断定が勇気付けてくれ、
迷いながらでも進めと言う。

後者は、自分が今まさに道に立っていて、
自分を奮い立たせているようで、
迷いを振り切って進めと言う。

多分、そのときの自分の状態によって、
どちらが心に響くのかちがってくるんだと思います。
今の私に響くのは、前者、行けばわかるよの方。

頭の中を「♪イ・ノ・キ ポンバイエ! イ・ノ・キ ポンバイエ!」が流れるぐらい、
闘魂で燃えてるときは、行けばわかるさの方でしょうね。

ちなみに、国会図書館のサイトによると、
これが一休さんの言葉というのは不確かな説のようです。
http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000028008

前へ進むことに躊躇しているあなたと、私自身に
もう一度。

此の道を行けば どうなるのかと
危ぶむなかれ 危ぶめば 道はなし

ふみ出せば その一足が 道となる 
その一足が 道である
わからなくても 歩いて行け 行けば わかるよ


はじめの一歩を踏み出すコーチングは、左サイドバーBrightAssistに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)